fc2ブログ

記事一覧

日常生活破壊

集団ストーカー、思考盗聴、音声送信、電磁波等による身体攻撃、痴漢の濡れ衣、モンスターペアレンツ、集団苦情、就職妨害、営業妨害、アンカリング、リストラ、配転、学校・職場・父兄会・近所のいじめ、悪評流布、人智で考えつくあらゆることを実行し、組織的狡猾に肉体的・精神的に追い詰める。
苦難・苦痛・拷問が続き、理解されること少なく、理解されると怖がって忌み嫌われ、手を差し伸べるものはほとんどいないという場合が、多いのではないでしょうか?
もって、未来に一筋の希望もないことを認知させ、被害者の自懐を図る一面をもつ犯罪ですね。
精神的に肉体的に追い詰められ、精神科に救いを求め受診したとしよう、罠はすでにしかけられている。
集団ストーカーにあっている。常に監視されている。外出するとつけられる。誰かに見られている。家の物が帰宅すると動かされている、大事にとっていた漬物がなくなっているが他のものは何もなくなっていないのだが(家屋侵入)と事実を話せば、多くの場合、幻覚・妄想がみられる。もって、君は統合失調症だこの薬を飲んでくださいと診断され、絶望にもだえるのではないかと想像する。
集団ストーカーの目的は精神的・肉体的にに参らせることに加え、統合失調症の精神障碍者仕立て上げ、社会的に抹殺すること
だと、被害者同士の話で出てくる。
まして、テクノロジー犯罪の事実を話したら精神科医の疑念が深まることは間違いない。
さらに、声が聞こえてくる(音声送信)、考えていることが相手にわかってしまう(思考盗聴)の話にいたれば、そく入院になるのではないかと想像してしまう。その器機がすでに存在している話を聞いたが。
音声送信・思考盗聴の被害を受けている人のうち少数をよく知っているが、失礼ながら、どう見てもまともなのだ。よって、ある。
この被害もパンフレットに載るほどだから一般的な被害といっていい。
頭が良くても地頭が悪ければ理解することは難しいことではあると思う、現時点では。
犯罪者がターゲットを選定する場合、条件が似通っていた時は、例えばの場合だが、うつ病などで受診歴のある者を選ぶだろう。自懐させやすいと思われることや、被害の事実をその通り話した場合に、幻覚・妄想と思わせたいところの悪知恵の働く犯罪者なら考えることだろう。
そして、集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者はクレイジーな連中だと思わせるために有用だと。
総体革命は組織的かつ計画的に実行され行政・司法・立法・マスコミ・芸能・医療・警察・自衛隊などに入り込んでいるとの話もあり、現象的にも出ている感がある。
このような凶悪犯罪がなぜあるのか、野放しになっているのかいろいろ話はある。
この不条理で残虐な犯罪を、凶悪な犯罪者の多くは、嬉々として・楽しんでやっていると、周りの多くの者が感じているということが、ヒントになると思う。
事実は小説よりもきなりと言うが、想像を越える深い闇が日本広がっているのだろうか。

絶望の末、命を絶たれた多くの方々に想いをよせて。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 ダイナマイト             

Author: ダイナマイト             
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ