fc2ブログ

記事一覧

合衆国の再建  改訂

ロイター通信 トランプ政権は貿易戦争に乗り出した。中共にたいして。
米企業はアイデアやソフトウエアを中国企業に盗まれたり、中共で活動するために、知財を明け渡さざるをえなかったりすることで、テクノロジー分野で何千億ドルも失い、また、何百万にもの雇用を失っている。

合衆国の日本たたきと中共に対する優遇によって、日本の製造業が中共に移りはじめたのは、20世紀と21世紀の境目あたりからだったとおもうのですが。
賃金はサービス業や卸小売りより製造業がそれまで断然高かったが、リストラが頻繁に行われ給料の高い者から、すなわち年功を重視する賃金体系だったので、年齢の高いほうからリストラの対象にされやすくなったのだが、そもそも、年功の賃金体系になったのは、人件費を抑えるための方策でもあったが、企業拡大期には若年層が多いことから企業的には人件費を抑えるのにメリットがあり、君たちも頑張って働いて長く勤務すると将来は給料はあがります。
企業は生き残りをかけ、希望退職者を募り、リストラしたりして人件費の抑制に努めるのでした。そして、その退職者の穴埋めをするため若い人を採用することがありました。
ある会社では、このままでは会社が潰れる、皆さんの給料を一律00パーセントカットさせてくれという話がでたりしていました。

工場を人件費の安い中共に建設したりすることがあり、日本企業からはノウハウや技術の移転が進み、トランプ大統領の言っているようなことになったのでした。
国内では、まず、日系人に来てもらい働いてもらうのでしたが、横の連絡で彼らは少しでも給料が高いと、高いほうに移ってしまう弊害があり、中小企業には不利なこともありました。
そこで、賃金の安い中共から技能実習生という形態をとった労働力を入れて、いっしゅの短期の出稼ぎの方を入れて、人件費の抑制を図った。実際のところは、働ける期間が短いことから、その仕事ができる人に来てもらうことが多かった。
帰国するころにはひと財産を作り帰国していく者が多くいた。来るの際には、送り出し機関やその筋へのお金がかかり借金してくることから、すすんで非常によく働いていた。1日12時間とか14時間ぐらい、週の休みもあまりなく。
政井みねみたいな、明治の働き方みたいですね。
帰国すると結婚の話がたくさん来るそうです。お金持ちになって帰国するからです。
また、規制が緩和され派遣という形の臨時の働き方が広まってきたのでした。
世界の工場が日本から中共に移って、日本では多くの雇用が失われていきました
中共は、この工業力をバックに力による政策を進めてきて、北朝鮮の核も含め日本に住んでいることじたいが、危険になりました。
トランプさんは覇権国家として偉大なるアメリカを立て直そうとしている大統領じゃないかな。
雑誌のスクープによれば、安部さんに核武装と憲法の改正そして空母などを要請したとのことです。
日本では集団ストーカー・テクノロジー犯罪が堂々と行われているのですー、この問題の解決なくしては国家日本の再建
、生命・財産・生活の安全と国家存立の安全はありえないと思いますが。

凶悪なカルト犯罪の被害を受ける被害者に想いを寄せて。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 ダイナマイト             

Author: ダイナマイト             
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ