fc2ブログ

記事一覧

電子計算機・ネットにより把握される集団ストーカー・テクノロジー被害者

12月29日の日経によれば、1998年設立の北鮮の121ハッカー部隊は6000人を抱え世界5指に入る。韓国でビットコインが大量に盗まれた。
尖閣への中共から嫌がらせがあって少し経過した頃のこと、人民解放軍の世界最大の中共のハッカー部隊は数十万人いて、どこへでも入っていける技術者が7から8千人いる記事を読んだことがある。
香港を隠れ蓑にして、人民解放軍の別同部隊としてのハッカー集団の、紅客旅団と10程の組織名前が記載されその背後について書かれたたものがネット上にものっていたのを読んだのだが、2から3日後印刷しようとして探したがどこにもなくなってしまった。
タイのインターネット屋によった時のことだが、ネットを使用を始めようとすると、突然、赤の生地に黒色のシナ文字が出てきて使えなくなったので、その隣、その隣、その隣と移動したが、いずれも同じことになり使えない。他の客はなんら問題なく使ったいるのだった。店主に相談してもどうしてこうなるのか全くわからないということだった。さらにその隣には客が不自由なく使っていたのだった。
アジアのネットは中共が、アメリカ大陸は合衆国が支配していることを読んだことがある。
もう何年か前のことだが、チエンマイからスワンナブーム空港に飛んだ時のことだが、タイの国内線は搭乗時にしか座席が確定できないのだが、出発間際に最後に搭乗してきた客が、半分ぐらいしか座席は埋まっていないのだが、私の隣に座り、落ち着かない様子で集団ストーカー臭いと思っていたら、客室係と英語で会話し2紙の英字新聞を読んでいたが、読むのもそぞろで新聞を置くと、体操をしはじめて、ビジネスなので座席間に余裕が十分あるのだが、体を回してこちらの上腕にエルボーくわしはじめた。
時々止めたりしてしていたが40回から50回程度のエルボーだった。
その男の荷物はパソコンが入っていると推定させるような大きさと厚みの皮のケースだった。
浅黒い皮膚のタイ人には見えない広東省あたりの中国人の顔をしたサングラスをかけた170あたりの身の丈の男だった。
スワンナが近づいて飛行機が高度を下げたので、夜間の窓に顔を近づけ見たとき、うちももを触られたのですぐにふり向いてみたが、何もなかったふりをしていて正面を向いていた。
明らかに集団ストカーであると確認できた。香港からチエンマイにはひとっととびである。
スワンナからチェンマイへ飛行機で飛んだ時のことだが、待合室で搭乗を待っている時のこと、怪しい奴が俺の後に来ないかと(タイの国内線は搭乗時に座席を決められる)見ていると、きょろきょろ誰かを探すようにして、待合室に入ってくる色白の皮膚をした中華系タイ人だろうか、を見て、こいつ俺の席の隣に座ったら集団ストーカーだながあと思ったのだった。
人間の感もばかにはできないもので、その男は私の隣に座りフライトすることになった。
私が冷房の効きすぎで手を揉むたびに、怯えていたように態度から感じていたフライトだった。
真夜中にチエンマイについたが、いたって元気な私だったので、地元民が寒い寒いと言う夜の街を誰もついてきていないことを確認しつつ、3キロの道のりをゲストハウスに歩いて帰った。
ところが、朝目が覚めるがその時はいたって元気いっぱい、昼の2時ごろ目が覚めると、気分が悪く体がだるい。体調が急変する。
このゲストハウスを選んだのはパソコンに客の情報を入れないこと、すなわち手書きですべて処理していたからであった。
振動波をやられたなと思って、ママに聞くと今日からシナ人の女が部屋を同じ階の斜め前に借りたことを知る。
風邪もひいてなく不調が続くので、あの女が原因だと確信して、コンドを借りる手はずにかかるのであった。

苦難は続くのでした。

凶悪な犯罪者に悪用される先端技術機器によって苦難の日々を送られる被害者に思いをよせて。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 ダイナマイト             

Author: ダイナマイト             
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ