fc2ブログ

記事一覧

猫と診療の考察について

私には猫を飼う身体的余裕が残されていないのですが、警戒心の強い彼女の就職先が見つかるまでと思い、かわいそうなのでカリカリを支給していました。
寒くなり家に入ってきて寝たり飯を食ったり、外で過ごしたりというわけで、捕まえる試みは被害が私に来る程度のなかなのです。
大阪なんでもありやなと思ったのは でクレアさんの愛犬がテク被害にあったことについて、このブログに書き込んだその直後から地域猫を家の周辺も含め見かけなくなった今日まで。
テク被害猫になったのだろうかと?
最近のテク攻撃がきつくて大変です。
血流低下と思われるこわばり・ひきつり、しびれ、痙攣、の痛みで大きな唸り声を出しながら病院に駆け込んだり、救急車に乗ったりと。
近所の人は発狂したのではと勘違いするのではないかなと思う。
振動波でおなかが膨れ、出産の陣痛がきたのかと思われる状況で、友達には双子かと言われています。
想像妊娠をしていない性別は男性です。また両性ぐゆうの体はもちあわせていません。
ほぼ、すべて振動波に起因するものであろうことは、物理的加害なので本人が一番知りうる状況にあるわけですが、やむなく、いろいろと解説しても、原因不明、わかんねえなー?ということで、わかんねえから幻覚・妄想なってのか、精神科医でもないようですが症状に幻覚・妄想があるのは、統合失調症様・統合失調症ということに、おなかの膨れの原因はどこかにいってしまいます。
解説したことが、犯罪者たちの思惑どうり、計算どうりもしくは想定道理の結果を生むこととなりました。
この想定道理の結果は、集団ストーカ被害者やテク被害者に共通した問題意識があり、街宣活動を長らくしてしてきていても、人は自分の感じるところ、見えること、教育されてきたこと、マスコミのいうことの閉鎖された狭い範囲でしか理解できないという呪縛にとらわれる人が多いのでしょう。
本物の知者はそんなに多くはいないようです。
陣痛の妊産婦状態にある事象を見ても思慮が働かず、エコーなど検査などで見えるもの、検査数値や結果の信ぽうにより、誤った診断が行われることが、誤診の多発してしまう理由の重要な一つであろうと思います。
病院・医師により集団ストーカー・テク犯罪者の罠に嵌められる被害者がここにもいるということは、いかがなものかなと思う次第です。

病院・医師によりこの犯罪の罠に嵌められた集団ストーカー・テク犯罪被害者に思いをよせて。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 ダイナマイト             

Author: ダイナマイト             
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ