fc2ブログ

記事一覧

アニマルコミュニュケイション

動物とお話ができるハワイの女の方がいる。
何回もテレビに出ているので、見た方も相当数いると思う。
飼い主と飼い主が聞いてほしいことやペットがどう思っているのかについて相談して、ペットの話を聞いて問題解決の助言していたのが記憶に新しい。
この姉さんも幻覚・妄想の症状が出ているのかペットからいろいろと話を聞いている状況が画面に出ていた。
この姉さんは、声に出さなくてもペットに自分の声が聞こえると思い込み、実際にはないペットの声が聞こえ、聞こえた幻聴を相手に無言の会話していることから幻覚がおきている。
明らかに事実と異なることを事実と思い込んでいる妄想が現出している。
マスコミ権威が番組にすれば、このハワイの魔女は、大衆を惑わす精神病者で統合失調症と言われることなく、頭が左に巻いている言われることもないようだ。
統合失調症の人に病識がないことがあり、そのため受診を拒否することはよくみられることだそうです。
この姉さんが受診していないとすると
まったく病識がない人で、本当に本人はどこもおかしくないと感じていて、そのために受診しない。
実は本人もどこかおかしいと感じているけれどもそのことを認めたくないために受診しない。
治療をあきらめて受診しない。
この姉さんはいずれでしょうか?

私は態度や感じからまったく普通で正常な方だと思います。(このように感じ判断することは異常だとする方もいるでしょう。)

統合失調症や認知症などの精神疾患の場合、遺言の有効性が認められない場合があり、本人が知らないうちに疾患があると誤った診断がされ、本人に知らされることがありませんので、風邪などで病院をやむなく利用するときでも注意が必要です。特に集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害者は用心することが肝要です。
誤って統合失調症様であると診断され、その状態が6月以上続くと統合失調症になってしまうようです。

妄想・幻覚で集団ストーカー・テク犯罪で被害の方々に想いをよせて。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 ダイナマイト             

Author: ダイナマイト             
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ