fc2ブログ

記事一覧

気ちがいという言葉だけは使われなくなったが

キリスト教のイエスは、祈りわが父とお話をしていた。
イスラム教のムハンマドは洞窟にこもり、ありてありたる者のお話を書きとめコーランを書き上げた。
仏教のゴータマは悪魔の誘惑のささやきを退け悟りを開いた。
ユダヤ教のモーセはシナイ山に登り、神とお話をし十戒をたまわった。
現代の医者に3人の預言者プラスワンについて、残っている記録から診察してもらおう。
幻覚・妄想・異言がみられる、精神的に病んでいる、その状態が亡くなるまで続いている。症状からみて統合失調症に間違いないが他の精神的疾患を加える状況にあると診断する。
これは遠い遠い昔話だし伝説だが、言われていることがせいかくなら、彼らは異常だ、美辞麗句を外して言えば気ちがいに間違いないと診断する。
この診断の医師に未来は残されているだろうか。
宗教的権威によってこの医師に対してどのような判断がくだされることだろうか?
私たち集ストやテクノロジー被害者は、神に成り代わり診断をくだす医学という名の権威者によって、未来がないものとされているのではないだろうか。
それはいかがなものか。

犯罪の苦難のうちに亡くなられた多くの方々に哀悼の意をささげます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 ダイナマイト             

Author: ダイナマイト             
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ